忍者ブログ
~From Madeira with love~   数字に弱い商人のお話
| Admin | Write | Comment |
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
規約
(1) 「『大航海時代 Online』に関わる著作権、その他一切の知的財産権は、株式会社コーエーに帰属します。」 「(C)2005 KOEI Co., Ltd. All rights reserved.」
(2) このホームページに掲載している『大航海時代 Online』の画像は、『大航海時代 Online』公式サイトにおいて使用許諾が明示されているもの、もしくは『大航海時代 Online』の有効なアカウントをお持ちのユーザーのみに株式会社コーエーが使用許諾を行ったものです。
最新コメント
[04/16 琥珀]
[04/13 mui]
[02/02 琥珀]
[01/15 mui]
[11/27 琥珀]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
琥珀
自己紹介:
生息:Notos鯖
国籍:ポルトガル[7ヶ国投資済]
商会:石榴[TU]
性能:冒60/交75/海75 
手職:調16縫16鋳16工16保16
   造船16+4

Portrait written by mui!
バーコード
ブログ内検索
カウンター
P R
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

in 秋葉原
西日暮里でお酒を飲む予定があったので、ちょっと寄ってみました。
着いたのは夕方の16時半頃。確か17時までだったので、割とギリギリ。

試遊台があるとの事でしたので、一体世間様にはDOLをどんな形でアピール
したいのか気になり、折角なので遊んでみました。

内容はと言うと・・・

キャラ:イスパ女性スレンダータイプ
名前:うろ覚えだけど、確か「Aroya」だったハズ
職業:冒険家見習

こんな感じのキャラが既に用意されていて、リスからスタート。

特殊コマンドを選択することにより、
①特定の海域に移動(ex.インド、カリブ、東アジア等々)
②特定の陸地に移動(ex.テノチ、ウルル、主要都市等々)
③難易度弱~最強までの海賊討伐
が選べるようになってました。

船は4種類から選べる事が可能で、
①戦列艦
②ロワ
③スクーナー?(クリッパーだったかも)
④ガンボート
のいずれかに自由に乗船出来ます。
ただし、旧JB品

ロワを選択してみましたが、銅張り耐久938性能強化無しの懐かしい仕様でしたw
しかも、操舵スキル0なので全然曲がらないorz
未経験者が触れる事を考えると、操舵10程度付けて快適な旋回が出来た方が
良かったんじゃないかなと思いました。

好きな海域に飛べるコマンドが用意されていたので、手始めにカリブ。
ここで幽霊船討伐をやってみました。
が、嵐で中断・・・しかも長いw
「あれー?すいません嵐切ったハズなんですけども・・・。」とスタッフさんに謝られるw
運が悪い子みたいじゃないのさ!

気を取り直して、もう1ランク上の最高難度の討伐に挑戦。
相手は確か神槍の略奪者×2だったかな。耐久1000で白兵後出しのツワモノ。
でも、こちらは耐久&白兵共に無敵状態の設定だったので、簡単でしたw
でも、先述したとおり操舵が0なので、一度捕まったら引き離せず・・・

ちなみに船部品はと言うと、
改良トップローヤルスル
改良カロネ(1088)×5基
改良大スパンカー
改良大スプリット
ハクトウワシの像?(うろ覚え)
巧匠圧延?(うろ覚え)
みたいな感じでした。

最後に東アジアに飛んでみると、「この海域の入港許可は出ていません」表示
なんだそりゃww

感想としては、もう少し快適な操作性をアピールした方が良かったんじゃないか?と
BGMを聞かせて欲しかった(off設定・効果音のみon)って所ですかね。
やっぱり音楽大事だと思うんですよ。折角菅野さんが手掛けてるのに勿体ない。

全体としては、もう終了間近にも関わらず、DOLも信onも無双onも席が埋まってる
状態だったので、それなりに盛況だったんじゃないかなーと思いました。
開始直後はどのブースも1時間待ちだったそうです。
ちなみに、ウチの隣では親子連れがDOL体験してました。微笑ましい光景?

たまにはこう言うイベント見に行くのも良いな~と思った1日でした。
PR
今年も宜しくお願いします。

昨年のDOLは、年始に立てた目標が殆ど達成出来ませんでしたw
造船亡命を終えてやり遂げた感が強かったと言うか…

年末年始で飲み過ぎてほんのり肥大化。
正月が過ぎたら、運動しなければばばば。

取りあえず、時間を掛けて一生懸命作ったDOL年賀状が思いっきりずれたw
スパムじゃないのよごめんなさい!
少し前に書き留めておいた内容が、かなりネガってたので削除。

今回の目玉コンテンツ「大学」
収集癖が高く、尚且つ単純作業に強いウチにとっては、中々の良コンテンツですw
単位&論文稼ぎのためとは言え、各取引スキルに多少日が当たったのも嬉しい。

キチンと情報を調べずにリスで生産論文提出を繰り返してしまい、大学イベントが
全く進んでない罠に掛かってしまいました・・・orz 50論文返せ!
しかし、これだけロンドンでの行動が多くなると、流石に英語欲しくなりますね。
身体言語だと、ちょっとストレスが貯まる。

そう言えば、リアルのオックスフォード大学とケンブリッジ大学で使われる英語って、
ちょっと語彙やスペルが違ってて「オックスブリッジ英語」って言われてるそうで。
これが喋れると、知ってる人ならすぐに「あーこの人は名門卒だ」と分かるとか。

戦前戦後に吉田茂首相の元で活躍した白州次郎は、このオックスブリッジ英語を
流暢に話せる数少ない日本人として、尊敬の念を集めていたと言う。

そんなこんなで対象4キャラ分の100論文提出完了。
航海博士称号専用の錬金+1頭のお陰で、100愚者のために錬金覚え捨て計画が
現実味を帯びてきましたw



行商人考察再び。

行商人を使って、お金を稼ぐ手段が有ります。
と言っても、交易に比べれば遥かに利幅は狭く、お小遣いを稼ぐ程度です^^;

理屈は簡単
だぶついてる港で買って、枯渇してる港で売る。これだけw

だぶついてる港の例を挙げてみると…
①オスロの予備舵→木材が販売されている
②アムスの予備帆→麻生地が販売されている
③アルジェやチュニスの停戦協定状&消火砂→造船修業時のロット処理でだぶつき
④マニラの手桶→造船修業時のロット処理でだぶつき

これらは相当数だぶついており、幾ら買っても999から減りません。
ちなみにマニラの手桶を4000個ほど買ってみましたが、それでも在庫は999でした。

枯渇している港は、やっぱり遠隔地が多いです。
カリカットやジャカルタ、堺等々海事修業の拠点付近の最寄行商人では特に顕著。
こう言った場所に予備帆や手桶を持って行くと、利益が出ます。

バザー販売する時間的余裕が有るなら、リスもオススメ。
模擬軍人の買いが見込まれますし、サブキャラをFS部品が造れる港に常駐させ、
材料をリスで買い揃えて輸送する人も居ます。


また、撤収の鐘については、期間が限定されますがバトルキャンペーン会場に居る
行商人に売ると結構な利益が出ます。
この場合は、会場での共有倉庫が使用不可のため、手持ち+貸金庫にストックして
輸送艦に乗る必要があります。


あまり利益が出る行為ではありませんが、買えずに困ってる人の手助けになって、
少々のお金を頂いてる…と言うRPと考えれば、これはこれで楽しいですw






造船で浮いてる時間はブログ書く時間も沢山あるけど、そもそもログイン中は
浮いてるだけなので、書く事が特に無い事に今更気付いた琥珀です、こん(ry

さて、今日は世界の街に点在する『行商人』について書きたいと思います。
まず、大前提として


①PCが買えば在庫が減り、PCが売れば在庫が増える。
…まぁ、当たり前ですよねw


②在庫が0になった時、一定のタイミングで自動補充が入る。
これはおそらく、酒場で料理を売っている『販売員』の供給タイミングと同じ。
ほぼ5分毎に供給の判定があり、そのタイミングで在庫が0であれば、システム側からの
供給が1~100個の数値からランダムで供給される。

この『5分毎』は12:00-12:05-12:10-12:15の様に決まっていて、例えばその街の供給が
12:01-12:06-12:11のタイミングだった場合、12:05に在庫を買い占めると、1分で在庫の
供給がされる感じ。
1個でも在庫が残っていると、システム側の供給は行われない。


③システム側在庫補充のタイミングで、買値が上がる時がある。
④PCの売りが進み在庫が増えると、売値が下がる時がある。
厳密な判定基準は不明。
撤収の鐘を999個行商人に売った時、売却途中で単価が下がった経験があります。
買値は緩く上がり、売値は大きく下がる模様。
買値売値とも、上限下限の設定はあるっぽい。


在庫の下限は0だが、上限は999ではない。
これは意外と盲点。
999個の状態で200個売れば、見かけは999個で変わりませんが、在庫は1199個に
ちゃんとなっています。
上限は不明ですが、最低でも数千単位はあるみたい。これも経験済み。


⑥高額購入&売却時にロットは貰えない。
場合によっては、安くても道具屋にまとめて売ってロットを貰った方が良い場合も。


とまぁ、こんな所でしょうか。
そのうち考察2を書くかも知れません。
≪ Back  │HOME│

[1] [2] [3]

Copyright c マディラより愛を込めて。。All Rights Reserved.
Powered by NinjaBlog / Material By 御伽草子 / Template by カキゴオリ☆
忍者ブログ [PR]